ホンマ Be ZEAL535 ドライバー ドライバー
ホンマ Be ZEAL535 ドライバー ドライバー
61570001
18,029円 32,780円






ホンマの飛びを体感したいゴルファーへ!

手元重心化・先調子化を実現!ヘッドスピードがアップする新シャフト!

【BeZEAL535WOOD】シリーズ 3つのポイント

フェース反発エリア拡大で飛距離性能アップ!【GROOVEPOWER AREA】
●トウ&ヒールのサイドソール部にまで渡るスリット
→トウ側&ヒール側:溝を広く深くする⇒ 反発アップ
→センター部:溝を浅く狭く⇒ 剛性を確保
=オフセンターヒットでも飛距離ロス・方向性のブレを抑える!

●フェースの反発エリア拡大
GROOVEをソール部のフェース寄り限界まで配置することで、反発エリアが拡大(前モデル比105%)
→反発エリアの拡大は、アマチュアに多い打点の散らばりによる“飛距離ロス”と“不安定な方向性”を大きく改善させる!
※特にヒール側でのミスヒットは、スピン量が抑えられ、吹け上がることなく飛距離アップ

●フェース反発力のアップ
GROOVE POWER AREA の採用により、トウ側/ヒール側15mmの打点位置の反発係数がアップ!
オフセンターヒット時の飛距離ロスを低減⇒飛距離アップ!

さらなる低重心化で高打出し&低スピン<ヘッド形状の進化>
●HONMAのヘッド形状へのこだわり
ただ大きいだけでなく、大きさの中にシャープ感と力強さを表現構えたときの見た目のやさしさ・安心感をさらに高め、スムーズなスイングを可能にした形状は、高弾道で飛距離アップ効果を生む!
→低重心と視覚効果による高打ち出し・飛距離アップ(前モデル比2%低重心化)

重心アングル増で楽につかまる【ウエイト荷重の効果】
●ヘッドのつかまりを重視
ソールのヒール寄りに7gのウエイトを装着することで、重心アングルを大きくし、つかまりを重視した設計。これにより、極端なフックフェースにする必要がなくなった。
→大きい重心アングル→球が楽につかまる!


Specification
商品名ホンマ BeZEAL535 ドライバー
商品番号60570001
素材ボディ:Ti811軽比重チタン(鋳造)
フェース:Ti6-4チタン(圧延)
シャフトVIZARD for Be ZEALカーボン(硬度:R・SR・S)
グリップオリジナルラバー
製造中国(企画・開発:日本)

  • AMC1646 Ampco 打撃レンチ65 Snap-on(スナップオン)
  • 【最安値挑戦中!最大34倍】ガスコンロ リンナイ 【RT66WH1RG-BGR 都市ガス】 右強火力 水無両面焼 幅59cm グレートーン ココットプレート付 [≦]

スポーツ

【限界なんてない】まさに神業、エクストリームスポーツの魅力!!

エクストリームスポーツ、という言葉をみなさんは聞いたことがあるだろうか。「強そう、激しそう、かっこいい、こわい」、エクストリームという言葉からなんとなくこんな印象を抱いた人は、なかなか鋭いかも知れない。今回はひそかに注目を集めている、エクストリームスポーツに迫る!!

 

エクストリームスポーツとはなにか

エントリーで全品ポイント+8倍!最大41倍*【シマノ】ボーダレス 380M-T SHIMANO シマノ 釣り フィッシング 釣具 釣り用品

 

フリースタイルモトクロス(FMX)

まずはじめに紹介するのはフリースタイルモトクロス、FMXとも呼ばれる。競技のベースとなっているモトクロスというスポーツは、急なコーナーや起伏の激しい坂で構成された未舗装のコースを、オフロードバイクで周回して、速さを競うもの。だが、フリースタイルモトクロスはこれとは少しワケが違う。会場に設置された急坂を一気に駆け上がり、バイクと体が宙に浮いている瞬間に技を決める、まさに人に魅せつけるための競技である。その中には、一回転するものはもちろん、バイクと体が完全に離れるものもあり、どうなっているんだ… と、驚くものばかりだ。ぜひ動画を見て、恐怖と感動を感じ取って欲しい。

 

ホンマ Be ZEAL535 ドライバー ドライバー

お次は知っている人も多いのではないだろうか、スカイダイビングの紹介だ。飛行機から身を投げ出して、パラシュートで地上まで降下するもの。ただしエクストリームスポーツというからにはこれだけではない。もちろん、落下しながら技を繰り広げたりする。複数人でやる場合も多く、もし距離感を見誤ったら… と考えると、ただでさえ怖い上に足がすくむ。高所恐怖症の方は、動画の閲覧はご注意を!

 

スキー・スノーボード

えっ、これもエクストリームスポーツなの?と思った方、そうなんです。スキーやスノーボードも種目によってはエクストリームスポーツと呼ばれる競技なんです。最近ではソチオリンピックで、「スロープスタイル」と呼ばれる種目が増えたことを覚えている人も多いのではないだろうか。もともとこのスロープスタイルは、エクストリームスポーツの祭典「X-Games」の種目だったものだ。スピードを競うものではなく、技術の高さを競うもの、これもぜひビデオを見てほしい。

 

 

ホンマ Be ZEAL535 ドライバー ドライバー

小山刃物製作所 D-5 ベンダー付鉄筋カッター 10mm~13mm

 

 

エレコム 外付けSSD/ポータブル/USB3.1(Gen1)対応/240GB/ホワイト ESD-ED0240GWH

アネスト岩田 接着剤用ガン(自動ガン WAガンベース) 口径1.8mm COG-A200-18

 

大見工業 HS-110A ハンディーショッター

さて、もう一度考えてみて欲しい。このエクストリームスポーツは、非常に定義があいまいなスポーツである。速さや高さが重要なのではなく、人に魅せるためのスポーツなのだ。やっている競技者が「これはエクストリームスポーツだ」と言い張れば、それはもうエクストリームスポーツになってしまう。「これってすげぇエクストリームなんじゃないか…??」もしなにかひらめいたなら、やってみるのもいいかもしれない。ただし、くれぐれも安全には配慮していただきたい。

 

ライター名:三井田尚寛 TOKYO PLUS+

SUSPIROPARAVICTORIA.CL RSS