【納期約2週間】WF-1000X(B)ブラック SONY WF1000XB ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ソニー ヘッドホン・イヤホン
【納期約2週間】WF-1000X(B)ブラック SONY WF1000XB ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ソニー ヘッドホン・イヤホン
4548736058545
14,950円 27,181円

【2017年10月発売】
【ヘッドホン部 *1】
型式:密閉ダイナミック型
ドライバーユニット:口径6mm(CCAWボイスコイル採用)
感度:-
マグネット:ネオジウム
コード長:-
入力プラグ:-
質量 *2:本体のみ(左右各)約6.8g、充電ケース約70g

【ヘッドホン部(その他)】
電源:DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間:本体約1.5時間、充電ケース約3時間(フル充電)
充電方法:USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間):最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間):最大3.5時間
電池持続時間(待受時間):最大8時間(NC ON)/最大35時間(NC OFF)
周波数特性:-
対応インピーダンス:-
最大入力:-
音声入力端子:-

【マイクロホン部】
型式:エレクトレットコンデンサー型
指向特性:全指向性
有効周波数帯域:50 Hz-8,000 Hz
開回路電圧レベル(0dB=1V/Pa):-
出力インピーダンス:-

【付属品】
USBケーブル:●
イヤーピース:ハイブリッドイヤーピースロングSS,S,M,L(各2)
トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)
フィッティングサポーターM,L(各2)
キャリングケース:●(充電ケース)

【Bluetooth】
通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1
出力:Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離:見通し距離 約10m
使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式:FHSS
対応Bluetoothプロファイル *3:A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック *4:SBC, AAC
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP):20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)
*1:レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます
*2:コードは含みません
*3:Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです
*4:音声圧縮変換方式のこと

  • 【送料無料】AVIREX ジャケット 新作 2019 アヴィレックス アウター ミリタリージャケット L-2 USSOCOM 6192132
  • ナイキ NIKE プレミアム MENS メンズ THE PREMIER II FG フットサル アウトドア スニーカー サッカー スポーツ 送料無料

スポーツ

【限界なんてない】まさに神業、エクストリームスポーツの魅力!!

エクストリームスポーツ、という言葉をみなさんは聞いたことがあるだろうか。「強そう、激しそう、かっこいい、こわい」、エクストリームという言葉からなんとなくこんな印象を抱いた人は、なかなか鋭いかも知れない。今回はひそかに注目を集めている、エクストリームスポーツに迫る!!

 

エクストリームスポーツとはなにか

ダーレー ペーパーカッタープロテクターNo662(567型用) 662 [r20][s9-832]

 

フリースタイルモトクロス(FMX)

まずはじめに紹介するのはフリースタイルモトクロス、FMXとも呼ばれる。競技のベースとなっているモトクロスというスポーツは、急なコーナーや起伏の激しい坂で構成された未舗装のコースを、オフロードバイクで周回して、速さを競うもの。だが、フリースタイルモトクロスはこれとは少しワケが違う。会場に設置された急坂を一気に駆け上がり、バイクと体が宙に浮いている瞬間に技を決める、まさに人に魅せつけるための競技である。その中には、一回転するものはもちろん、バイクと体が完全に離れるものもあり、どうなっているんだ… と、驚くものばかりだ。ぜひ動画を見て、恐怖と感動を感じ取って欲しい。

 

【納期約2週間】WF-1000X(B)ブラック SONY WF1000XB ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ソニー ヘッドホン・イヤホン

お次は知っている人も多いのではないだろうか、スカイダイビングの紹介だ。飛行機から身を投げ出して、パラシュートで地上まで降下するもの。ただしエクストリームスポーツというからにはこれだけではない。もちろん、落下しながら技を繰り広げたりする。複数人でやる場合も多く、もし距離感を見誤ったら… と考えると、ただでさえ怖い上に足がすくむ。高所恐怖症の方は、動画の閲覧はご注意を!

 

スキー・スノーボード

えっ、これもエクストリームスポーツなの?と思った方、そうなんです。スキーやスノーボードも種目によってはエクストリームスポーツと呼ばれる競技なんです。最近ではソチオリンピックで、「スロープスタイル」と呼ばれる種目が増えたことを覚えている人も多いのではないだろうか。もともとこのスロープスタイルは、エクストリームスポーツの祭典「X-Games」の種目だったものだ。スピードを競うものではなく、技術の高さを競うもの、これもぜひビデオを見てほしい。

 

 

【納期約2週間】WF-1000X(B)ブラック SONY WF1000XB ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ソニー ヘッドホン・イヤホン

トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド 03 ホワイトホープ

 

 

【メーカー在庫あり】 エスコ(ESCO) 16-35mm パイプカッター(鋼管用 ラチェット式) 000012246874 HD

イノック 304TS150A40S チーズ

 

椿本チェイン RS HMMT90U5SB ハイポイドミニ【送料無料】

さて、もう一度考えてみて欲しい。このエクストリームスポーツは、非常に定義があいまいなスポーツである。速さや高さが重要なのではなく、人に魅せるためのスポーツなのだ。やっている競技者が「これはエクストリームスポーツだ」と言い張れば、それはもうエクストリームスポーツになってしまう。「これってすげぇエクストリームなんじゃないか…??」もしなにかひらめいたなら、やってみるのもいいかもしれない。ただし、くれぐれも安全には配慮していただきたい。

 

ライター名:三井田尚寛 TOKYO PLUS+

SUSPIROPARAVICTORIA.CL RSS